2014年05月31日

AKB48関連の事件について(AKB劇場、6月2日再開 金属探知機による検査導入)

AKB劇場、6月2日再開 金属探知機による検査導入
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140531/ent14053117280016-n1.htm

テレビを見ていても見ない日はない、ショッピングに行っても広告や音楽で接触する割合が多いアイドルグループ「AKB48」。
個人的には特定の好きなメンバー(俗に言う「推しメン」)はいないが、ここまで接触する機会があると好む好まないに関わらず音楽やメンバーの名前を覚えてしまう。
もっとも、音楽が冬の時代と呼ばれ、他のアーティストがぱっとしないのも、ここまでAKB48を目立たせる一因だとは思うが。

そんな絶好調のAKB48に、最近残念な事件が起きてしまった。
握手会で川栄さん、入山さん、男性スタッフが負傷した事件である。

AKB川栄と入山が襲われ手や頭負傷 24歳ノコギリ男逮捕「私がやりました」
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/25/kiji/K20140525008233300.html

AKB48に限らず、どんなアーティスト、芸能人、有名人は、一般人と比べ犯罪を犯す人間の標的になりやすい。
特に人気がトップクラスのAKB48なんか絶好のターゲットだろう。
ただ、握手会という直にアイドルと接触できるイベントであるにも関わらず、安全に関しては準備不足だったと感じる。

私も過去に有名アーティストのコンサートに行ったことがあるが、そこでは手荷物チェックがあり、さらには直前にUFOキャッチャーで手に入れた特大ぬいぐるみが入っていたので「絶対に舞台に投げ込まないでください」と念押しされた。

日本人は真面目な人が多いから、「ひとりひとりの良心を信じる」としている運営も多いと思う。
しかし、残念ながらささいなことでトラブルは起きてしまう。
極端な例を言えば、「人を殺すのは個人の自由」と思って、さらにはそれを実行する人間も存在する。

いくら法律で定義しても、個人の感情までは100%制御できない。
それならば、運営側、ファン側、参加した人間すべてが満足できるための最低限の手荷物チェックなどは必要だと思う。
たったひとりが起こした事件によってみんなが不幸にならないためにも。

posted by blue14 at 22:33| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。