2014年06月07日

現在の民主党に対する失望

野党再編:「民主軸に」…前原氏、維新との合流強調
http://mainichi.jp/select/news/20140608k0000m010040000c.html

最近、野党再編の動きが活発化している。
しかし、野党第一党の民主党が話題の中心になっていない。民主党は2009年に政権奪取したものの、国民の期待に応えることが出来ずに2012年末の総選挙で大きく議席を減らし政権を自公政権に譲った。
民主党は依然労働組合の支持基盤があるもの、もはや民主党に期待している有権者はほとんどいないだろう。
民主党がなぜここまで有権者の信頼を失ったのは様々な要因がある。箇条書きで書いても、これだけある。
・ 魅力的な公約で有権者から支持を集めたものの、大半は実現できなかった。
 それに加え、言い訳の見苦しさ
・ 沖縄の米軍基地移転について県外移設を唱えるものの、結局沖縄県民を混乱させるだけで
 何も出来なかった
・ 自民党の政権に嫌気がさして民主党に投票したものの、期待はずれの政権運営しか
 できなかった。特に首相の相次ぐ交代は何も良くなっていない
・ 中国と尖閣諸島周辺での漁船衝突事故の事実の隠蔽
・ 東日本大震災および福島第一原発での対応のまずさ
・ 小沢氏などの相次ぐ造反および党内闘争
まだまだあるが、とりあえずこれくらいで。いずれにしろ、これだけ信用を失い、さらに反省もせずに未だ意見のまとまらない党の性格はそのまま、これでは誰が興味を示すのか、と思う。
民主党政権が発足した際は、アメリカやイギリスのように二大政党制がやっと日本にも、と期待したが、日本で与党と野党が互いに切磋琢磨して良い政治をする、というのはまだまだ実現しそうにない。
少なくとも、もう少し自公政権が続き、失策、腐敗や汚職で嫌気が出てこない限り与党はこのまま安泰だろう。

もっとも、日本は頻繁に交代するからじっくりとした政策がなかなか打ち出せない。だが、安倍首相は久々に強いリーダーシップのとれる首相だと期待できる。一度2008年に志半ばに辞任しただけに、今回は様々な圧力に負けずに頑張ってほしい。




posted by blue14 at 22:38| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。