2014年06月02日

日本マイクロソフト、12インチのWindowsタブレット「Surface Pro 3」を7月17日に発売

さらに薄く軽く大画面になった! MSが12インチの「Surface Pro 3」を発表
http://news.mynavi.jp/articles/2014/06/02/surfacepro3/

現在使用しているPCの買い替えには良さそうな製品だと思う。
iPad、Androidなども好きだけど、どうしてもWindowsを長年使用していると互換性を気にしてしまうからだ。
特に、ビジネス用とだと純正のOfficeソフトを使用してファイルを作成、編集するのが必須になるし、長年使用しているソフトウェアの資産が使用できるからだ。

単純にPDFファイルやWeb、メールの観閲ならiPadやAndroidタブレット、ソーシャルゲームならAndroidやiPhoneなどのスマホでも十分だけど、キーボードを使用して大画面での作業だと現状ではWindows以外に選択肢はない。将来的にはAndroidなどもこの分野で便利になるかもしれないが、ノート「PC」になるとまだまだWindowsではないと不便だと思う。

ただ、個人的にはキーボードが別売で12,980円もするのと、本体が他の製品と比べても割高なのが不満。
十数年前はノートPCが20万円以上したのを考えると良い時代になったとは感じるが、Nexus7(2012)のようなびっくりするような価格で攻勢をかけてほしかったと思う。



posted by blue14 at 21:46| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。