2014年06月10日

新型ゲーム機と旧型ゲーム機におけるソフトの互換性について

[E3 2014]PlayStation Now,北米で2014年7月31日からPS4向けオープンβサービス開始。PS3用ゲームが2.99ドルから19.99ドルの価格帯で楽しめる
http://www.4gamer.net/games/999/G999903/20140610036/

PS3のゲームがPS4やVitaでも遊べるのは正直嬉しい。日本でのサービス開始はまだまだ先だが、どんなサービスなのか体験してみたい。

ちなみに、ゲーム機の世界では常識なのだが、次世代機では旧世代のソフトが遊べない場合が多い。
PCではMicrosoftのWindowsがソフトの互換性を維持しているので、PCのOS=Windowsという図式の構築に成功している。PS2でもPS1のソフトが遊べたので非常に好感が持たれた。
しかし、互換性の維持は性能向上の足かせになるので、最新の性能を求められるゲーム機にはなかなか実現するのには難しいところもあると思う。過去のゲームを遊ぶのに、重い旧ゲーム機を捨てられないのがまさにそれである。
とはいえ、新しいゲーム機を買うたびに古いゲーム機を収納するスペースが必要であり、さらには生産終了したゲーム機は、そのうち故障しても修理さえできなくなる。

名作はリメイクが頻繁に行われたり、さらには新型ハードでも遊べるようにしているものも少数ながらある。しかし、いわゆる「クソゲー」、つまり不人気、駄作なソフトはまずリメイクされないので、永久に遊べなくなるだろう。もっとも、それを語りだすと音楽のレコードやレーザーディスク、絶版の書籍など言い出したらきりがない。著作権など様々な問題があるが、うまいことマイナーなコンテンツを管理、再販されるようなシステムがあればなぁ、とつくづく思う。



posted by blue14 at 23:53| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカーの世界における監督について

ミラン、セードルフ監督を解任 インザーギ氏の昇格を発表
http://www.sanspo.com/soccer/news/20140609/ser14060922540003-n1.html

C大阪、今季就任のランコ・ポポヴィッチ監督との契約解除を発表
http://news.mynavi.jp/news/2014/06/09/119/

マンUのモイーズ前監督が退任語る「時間もらえなかったのは不運」
http://yukan-news.ameba.jp/20140602-3/

スポーツの世界において、求められるのは結果のみ。
将来を期待されて複数年契約していようとも、予想外の不振に陥ったら、選手や監督がクビになるのは当たり前である。
つい最近も、サッカーでは香川真司が所属するマンチェスター・ユナイテッドのモイーズ監督、本田圭佑が所属するACミランの監督、柿谷曜一朗らが所属するセレッソ大阪のポポビッチ監督らが解任された。

クラブにはそれぞれ事情があるが、共通するのは「不振」だ。
モイーズ監督は前期イングランドプレミアリーグの王者だったマンチェスター・ユナイテッドを今期7位まで順位を落とし、UEFAチャンピオンズリーグはおろかUEFAヨーロッパリーグすら出場権を逃した。
マンチェスターUは今期大した補強ができなかったということも少しはあるのかもしれないが、依然ルーニーなど超一流のタレントが勢ぞろいのクラブである。選手がタレント揃いなのに成績が低迷ということは、どう考えても監督の手腕が悪いと結論付けなければならない。
アレックス・サー・ファーガソン前監督があまりにも偉大すぎたというプレッシャーがあったかもしれないが、それ以上にこの成績はひどすぎる。6年契約という長期契約だったのでもっと長い目で戦略を練っていたのかもしれないが、経営陣やファンは当たり前だがそこまで待ってくれない。
おかげで、来期のマンチェスターUの収入は激減するし、下手したら戦力補強どころか主力選手の流出さえ必要な気すらする。国内戦だけではもったいないほどの戦力だからだ。モイーズ監督は結局リーグ戦終盤になってやっと解任されたが、遅すぎるとファンは誰もが思っている。それほどにモイーズ監督の罪は重い。

他の監督にしてもそうだ。スポーツは興行なのだから、クラブが低迷すればファンが離れたり、国際試合の出場権がなくなったりして収入も減少する。もちろんどのチームも頑張っているから、その世界で勝ち抜くのは難しい。でも、スポーツの世界は弱肉強食だ。最初に述べたように、結果を出さなければ解任されるのは当然である。




posted by blue14 at 00:09| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

今日は新聞休刊日


朝起きると、朝刊が郵便ポストに入っていないのは少し寂しい。
私は朝刊も夕刊も契約しているが、最近ではネットやスマホの普及で新聞の契約者が減っているらしい。
私の妻子持ちの友人も、ゴミになるし自宅でじっくり見る時間がないから契約していないとか行っていた。
近所のチラシも、Shufoo(シュフー)で簡単に見れるし、テレビ番組票も雑誌やネットで代用できる。
それを考えると、自分が旧世代の人間なだけかもしれない。

Shufoo(シュフー)
http://www.shufoo.net/

ただ、そうは言ってもいきなり全員に紙媒体にはPCに切り替えろ、というのは無理がある。
時代が進むにつれ、紙媒体が減っていくのは確実だろうが、相当先の話になるだろう。

話は戻るが、完全に新聞が紙媒体に置き換わりデジタル配信になったら、新聞休刊日自体が意味のないものになる。
事実、ニュースサイトは24時間365日休まず記事を更新しているのだから。
ただ、そうなると従業員の健康問題が心配になってくる。
中には「好きで選んだ仕事なんだから」と言う人もいるけれど、どんなに好きでも適度な休息は必要だ。
ニュースの即応性は必要、しかしそれを配信する人の健康、この相反する課題を解決するのが、今後の課題なんだろうな。


posted by blue14 at 07:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。